シートベルト確認!高速隊の待ち伏せ作戦!

こんばんは。
2015年秋に免許更新を行い、無事ゴールド免許となった私ですが、
わずか数カ月で次回更新での青色降格を言い渡されました…

免許更新の時の話はこちら →
阪神免許センターで初めての免許更新!

先日友人たちと四国・中国地方への旅行へ行ってきました。
その時のお話はまた今度書きたいと思いますが、
今日は往路の高速道路での出来事のお話を。

本州から四国へと渡る経路はいくつかありますが、
今回は明石海峡大橋に入る垂水料金所を通過するとき、
ETCバーを抜けたところで高速隊(高速道路交通警察隊)に遭遇しました。

高速隊(警視庁HPより)
警視庁HPより

ピーッ
 「左へ寄ってください」

何かしたかな、検問かなとのんきに隅へ寄せると、
高速隊隊員から驚きの一言が。

 

「後部座席のシートベルト締め忘れですね。
  違反点1点、罰金はありません。」

にわかには信じられません。
後ろに座ってるのはゴールド免許所持の通勤ドライバーですよ…
彼の「すまない」を聞くか聞かずか、高速隊員は続けます。

「ご存じありませんでしたか?」

とっさに出た「シリマセンデシタ」の声もむなしく、
免許証と車検証の確認と調書の作成がなされ、
サインと押印(不所持時は人差し指の拇印)を余儀なくされました。

そこからは指導のお時間です…

 「改正道交法第71条の3で同乗者全員のシートベルト着用義務課されています」
 「後部座席乗車者の事故や安全のために、運転者に義務があるのです」
 「ちなみにここ数年の間に事故等は起こされていませんか?」
 「2年間無事故無違反で、この後3カ月以上継続されば、、この1点は累積されません」
 「しかし違反歴は残りますので、次回の更新ではゴールドではなくなります」

という、「分かっていたが同乗者にまで徹底できていなかった」
シートベルト着用義務違反により、次回更新時にブルーに戻ってしまう、
いわゆる「金メッキ免許」になってしまいました…

罰金がないとはいえ、次回更新以降の自動車保険料を想うと涙が出ますね。

自分は後部座席に乗ってもシートベルトしてるし、というみなさまも、
運転者として同乗者に徹底できているか今一度確認を。
今回のように
「最初はつけてたけど、SAで降りたときに締め忘れてたわ」
なんてこともあります。

したらば。

参考URL:
シートベルト着用について(警察庁)

点数計算の優遇(警視庁)

(Visited 408 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください