借りたパッソで雪山へ【試乗記】

こんばんは。
最近はめっきり寒暖の差も激しく、雪の予報もちらほら。
今回はまだ雪の予報も出なかった1月上旬、
奥さんをスキー場へ送り届けた時のお話。

当時の予報は快晴続き、雪のゆの字も見えない日々でしたが、
山に行くのに用心に越したことはないと、スタッドレス車を手配。
今回の車はトヨタレンタリースで借りた、パッソ。
装備から判断すると、グレードは1.0X Gパッケージか。

IMG_0358

【公式HP】パッソ − トヨタ自動車

パッソといえば、リッターカーの代名詞であり、
小型で可愛いところも相まって、女性にも大人気だそうで。

走り出すと、思ったよりスムースに加速します。
街中での走りもさることながら、高速道路でも必要十分。
さすがにキックアップ時にはエンジンがごうごう唸るものの、およそ許容範囲内。
100キロ以上で流れているの中で追い越しなどは厳しそうかなと予想されますが、
そもそもそんな走り方は想定されていないかと。

また車体もこじんまりとしていて、街中での取り回しや駐車も楽々。

運転席からの視界→
IMG_0356

しかしこの感想もあくまで「ふたりで乗るには」という感じです。
リッターカーやコンパクトカーの宿命でもありますが、
せいぜい3人で、これに4人と荷物で快適に、というのは欲張りすぎというものでしょう。

あとアクセルペダルが少し→に位置しているのか、
足がよく壁に当たって窮屈に感じました。

ダッシュボード付近の様子→
IMG_0359

この車は、恋人や配偶者、親と一緒にふたりで出かけるにはもってこいです。
運転もしやすいし、税金も高すぎず、燃費もよく、パワーも必要十分。

そして肝心の雪山ですが、ほとんど雪はなく、ゲレンデは壊滅的、
かろうじてロッジ前に雪か残っている程度でした。
普段雪慣れしていない身としては、安心してドライブすることができました。
気温も8度ほどあり、陰や橋上でも路面凍結もありませんでした。

帰りにガソリンスタンドに立ち寄り、給油も済ませて返却。

給油量:11.03L
走行距離:302km
燃費:27.38km/L

高速道路7割、山道2割、市街地1割程度ということであれば、
まぁまぁ高燃費なのではないかと思います。
ちなみにメーカー公称は27.6km/L(JC08モード)とのこと。

いつか誰かの検討材料になれば。

したらば。

(Visited 313 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください