外装慣らしという悲劇

こんばんは。
今日はバイク乗りとは切っても切れない縁にある、
悲しい外装慣らしの話を。

新車のバイクを買ってライダーがすることといえば、
まずエンジンや車体各部の慣らしが挙げられます。
これは一定距離を走り、微妙な機微を愛馬に教えることで、
出荷状態から目覚めさせ、自分色に染めていく過程でもあります。

しかしまた一方で大きく語られない”裏の慣らし”も存在します。

それは強すぎるブレーキをかけた時、
それは無茶な転回をかけた時、
それはふと気を緩めた時、
突然やってきて、心と体に傷をつけます。
そう、「外装慣らし」です。

かくいう私もこれまでに2度、愛車を倒してしまったことがあります。
一度目は、忘れもしない1カ月点検の帰り道。
伏見の住宅街で転回しようとしたところ、
ハンドルの切れ角を見誤り、つんのめる様な衝撃を受け、転倒。
クラッチレバーの先端と、左側カウルに軽微な裂傷を受けました。

二度目は、ツーリングの途中休憩で。
停車した際に砂で滑り、堪えもむなしく、共倒れ。
乾燥重量138kgがやや軽量の類に属するとはいえ、
またがった状態で滑りゆくバイクを立て直すのは困難を極めます。
ついには右側のカウルに軽微な裂傷を受けました。

外装慣らしについてはいろいろ意見があり、
「愛車に傷がついていくとともに、過ごした時間と思いが刻み込まれていく」派や、
「大切なものに傷が付いてしまい、悲しみの海に入水する」派など、
様々な考え方があるようです。

私はどちらかというと後者に近い立場でしたが、
ふりかえってみると、「2次災害に巻き込まれないでよかった」
というのが一番に浮かぶあたり、
時とともに前者のような気持ちに近づいているのかもしれません。

したらば。

(Visited 5,174 times, 4 visits today)

外装慣らしという悲劇」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 外装慣らしの被害を軽減するためには - Univnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください