着物で献血に行こう【着物語】

こんばんは。
普段から着物で生活するようになって早1年、
いままで洋服で行っていたところも着物でいいんじゃないかと、
いろんなところへ出かけた体験記、着物語(きものがたり)シリーズ第1弾。
今回は「献血」のお話です。

やってきたのは大阪梅田にある、阪急グランドビル25 献血ルーム。

阪急グランドビル25 献血ルームに行った時の話はこちら
 →眺望優れる梅田での献血(@阪急グランドビル)

今回の格好は、単衣の着物にポリ袴です。
格好からも分かる通り、9月頃のお話。

さて受付を済ませ、問診も難なくクリア。
事前採血も袂をたくし上げるだけで問題なし。
本採血もなんのことはなく、あっという間に終了しました。
今回の献血は成分献血で、採血腕は右腕でした。

事前採血時に、
 「前も着物で来られましたよね」
と誰かと間違えられたので、他にも着物で献血に来る人がいるのかもしれません。

さて終了してみて思ったことは、
 帯の締め方に気をつけたほうが良い
ということでした。

というのも、問診の時か事前採血の際に、
 「採血中にお腹や腰を締め付けると苦しくなるかもしれないので、
  少し帯を緩めてもらうこともあるかもしれない」
と言われました。
特段苦しくならなかったので、緩めませんでしたが、
体調などの状況如何によっては緩める必要があるかもしれません。

またベットに横たわることになるので、
緩めにくくはなりますが、片ばさみが一番楽なのではないかと思います。
貝の口や袴だからといって一文字にすると、腰が高くなってしまい、
献血中に苦しくなってしまうかもしれません。

 片ばさみ ー 角帯の結び方/片ばさみ
 貝の口 ー 角帯の結び方/貝の口
 一文字 ー 角帯の結び方/一文字

といった具合でした。
これを機に着物で献血に行くのはいかがでしょうか。
不安でしたら献血ルームまで問い合わせると確実かと思います。

したらば。

(Visited 156 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください