IIJ mio TypeA simをiPhone6 plusに挿そうとしたものの…

こんにちは。
機種変更や余った端末をカーナビや動画視聴、ビューアーとして利用する際、MVNO、いわゆる格安SIMを利用して通信可能端末にしようとするケースは多いと思います。
今回はiPhone6 plusをカーナビとして利用していた時に、simを変更しようとして失敗した話。

simを挿したのに通信できない・・・

今回利用した端末はsimフリー版のiPhone6 plus。iPhone SEにメイン端末を変更したので、これを機にsimを増やそうとしたものの、iPhone6 plusでは反応しなかった、というのが顛末です。

利用していたsimと新しいsim

従来iPhone6 plusで利用していたのは、Bic Sim(通称mioフォン)と呼ばれる通話可能契約のsimでした。これはdomcomo回線を利用したもので、simフリー機やdocomo端末で利用できるものです。

それに対して今回問題となったTyppeA simというのは、2016年10月にIIJ社がサービス開始したもので、Auの回線を利用するもので、最大の特徴はSMS付帯料金がかからないところにあります。(TypeD simでは150円+税)
公式HP: IIJmio SIMのラインアップに、auの4G LTE回線を利用した「IIJmio(アイアイジェイミオ)モバイルサービス タイプA」を追加し、2016年10月1日より提供を開始します。

物は試しとSMS付帯型のsimを追加で申し込み、SMS利用可能なサブ機にしようと楽しみにしていたものの、待っていたのは「圏外」という無慈悲で過酷な現実でした。

iPhone6 plusでTypeA simが利用できない原因

調べたところ、このTypeA simが利用できるのは、VoLTeに対応した端末のみです。
Au:VoLTE対応端末(iPhone)

そう、iPhone6 plusはVoLTE非対応のため、TypeA simは利用できないのです。

【追記】
iPhone6, iPhone6 plusでもVoLTE対応するようになったようです!

最終的に、TypeA simはiPad mini4で利用し、再度データ通信用のTypeD simを追加してiPhone6 plusを通信可能なサブ機とすることになりました。

イケるだろうと早合点せず、ちゃんと調べてから導入しようね、というのが今回の教訓です。

したらば。

(Visited 86 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください