クレジットカードが欠けた。

こんばんは。

ポイントカード兼用であったり、定期兼用であったり、
クレジットカードは我々の生活の様々な場面で利用されています。

使うからにはお得がいい、というのが人の常。
やれ還元率がどうとか、付帯サービスがどうとか、
様々な情報が錯綜していますね。
今日はそんなカードが破損していたらどうすればよいか、という話。

{130}

私も例に漏れず、様々なカードを利用していますが、
先日、長い付き合いだった三井住友カードが欠けました。
しかも具合が悪いことに磁気ストライプ状をぱきっと。
Pitapaを解約した恨みでしょうか…

破損してしまったら、どうすればよいのか。

一口にクレジットカードの破損といっても、その状態は様々です。
端が欠けた、真っ二つになった、ICチップがとれた…
場合によっては使用できる場合もありますが、
基本的に発行元に頼んで再発行してもらうしかありません。

破損したまま使ったらどうなるのか。

破損の度合いによっては、そのまま使える場合もあります。
しかし補修痕、破損個所によって、カード読取機やATMに巻き込まれたまま、
排出される際に引っ掛かって壊れてしばうこともあります。
故意の場合、責任問題にも。

破損の場合は、カードの発行元に電話を。

たいていの場合、カード裏面に連絡先が記載されていますので、
そちらに電話し、カード破損による再発行を依頼することができます。
カード番号・本人確認の後、後日新しいカードが送付されます。
この際、旧カードは返送の場合や手元で処分の場合がありますので、
しっかりと確認しておきましょう。
また再発行手数料がかかる場合もありますので、併せて確認を。

交換しなくていい場合とは。

もしそのカードがネット決済にしか利用しない場合や、
紐付けカード(ETC, ID, QuickPayなど)でのみ利用の場合、
また使用しないまま使用期限が来る場合、
そういった場合は特に問題ないので、交換をしなくてもよいかもしれません。

破損を避けるためには。

経年劣化、店員による破損など、どうしても防げない事故を除き、
カードの破損はある程度避けることも可能です。
たとえばカードを入れた長財布をポケットに入れない、
不注意に落とさないよう注意する、など、
いくつかの手段も考えられます。

三井住友カードのデスクにお願いする事数日…
かくして、無事に手元にあたらしいカードが届きました。
再発行の場合、カード番号や使用期限が同一のため、
不用意に新カードにはさみを入れないように注意することも必要です。

したらば。

(Visited 605 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください