スタバのフラペチーノをタンブラーで注文する時に注意したいこと

こんばんは。
新幹線でお出かけの際、何か飲み物をのみたい、
と思った時に取り得る選択肢はいくつかありますが、
駅構内のコーヒーショップを利用することが一番多いのではないでしょうか。

かくいう私も出張時にはスターバックスにお世話になっているわけなんですが、
先日フラペチーノをタンブラーに入れていたところ、
飲めなくなってしまう現象に陥りました。

今日は蓋つきタンブラーでフラペチーノを注文する際に注意したいことについて。

2009-11-26

1、蓋が閉まるか
まずは持ち運びの大前提となることですが、
タンブラーの容量と注文内容によっては蓋が閉まらないこともあります。

タンブラーの容量もそうですが、
フラペチーノはクリームが頭に乗ることを覚えておきましょう。
定員さんによっては、
「蓋が閉まるようにしますか」と聞かれることもあります。

2、飲めるか
単純な味ではなく、状態のお話です。
タンブラーは蓋を閉めることで保冷が効いているため、
しばらくするとタンブラーの中でアイス化することがあります。
長時間蓋を閉めたままにする場合や、
新幹線への持ち込みでは特に注意がひつようです。

解決方法1…スプーンを忘れずもらっておく
解決方法2…エクスプレッソでもかけて、アイスとして楽しむ

3、固まったままだからと過信して逆さ向けにしない
凍ってしまってからの対策には苦慮します。
待てど暮らせど一部しか溶けず、
傾けてもちょろちょろしか飲めないこともあります。
しかしかたむけすぎるのは危険です。
運が悪いと固まりが、ぼとっ。ひどい目に遭います。

先般遭遇した不運は上記のようなことで回避できると思います。
これに気をつけて、素敵なスタバライフを!

したらば。

(Visited 764 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください